自分をマインドコントロールして頚椎症とかの治療って出来ないかなぁ~

頚椎症は首の骨である頚椎が老化によって変化することです。
具体的には骨と骨の間にあるクッションの役目をする椎間板の弾力がなくなって
正常に負荷がかからないことで発症します。
神経が圧迫されるので痛みを伴います。
マインドコントロールとは人の心を操作することです。
洗脳とは少し違います。
洗脳は相手を脅して心を支配し操るのに対し、
マインドコントロールは同情して相手の懐に入り心を操ります。
共通しているのは心が弱い状態であるほど引っかかりやすいということです。
ただマインドコントロールは必ずしも悪い方向に誘導することのみをさす言葉ではないです。
心理的ストレスが起こす痛みを治療するのに有効です。
しかし頚椎症は物理的に痛みが起こります。
よって頚椎症治療にマインドコントロールは無意味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です